第018号:薬膳レシピ☆初期の風邪に ナツメと桂皮のお粥

今回のMethod for your balancing
●初期風邪に ナツメと桂皮のお粥:薬膳レシピ●
───────────────────────────────────

すっかり秋の陽気ですね~穏やかな秋晴れの日は気持ち良いですね。

と、同時に夜は急に冷えたりして乾燥してくる時期でもありますから、体調を崩す方も多いのでは??

あれ?ちょっとブルっとした!なんて日にこんなレシピでお粥を食べてみましょー

*材料 
・米
(私は”なでしこ生活”で事前に炊いた発芽玄米ごはんを使用します)
・なつめ 4~6個
・生姜
・シナモン(スティックだと取りだしやすい。シナモンパウダーでもOK)
・黒糖 大匙1位(省いてもOK)

お粥をつくる感覚で、お鍋にその他の食材をぶっこめば終了。お粥かんたん~

お粥にシナモン、黒糖…ええ?って思うでしょうが、いける
ぞくぞくする日にこれを食べて温かくして寝よ♪

身体ぽかぽか、滋養もついて胃も休まります。体力も落ちかけているはずですからね。

漢方的に甘みは『心』に働き、滋養をつけ、血脈をつかさどる『心』をケアして全身の血の巡りをサポートします。
結果安眠や安神(精神を安定させます)によく、
ナツメやくこで血をつくる働きを強め、生姜・シナモンで身体を温めます。

漢方養生では、お米(穀物)は身体を養う大切な食材とされていて…

私的には一切の炭水化物(糖質)は切りたいところでありまーす(笑)
一時は口にする糖質の量をほぼゼロにして、毎朝足がつって起きる経験あり。
身体は極端なミネラル不足に陥るのです。表記されている炭水化物量はその食材の食物繊維と糖質の合計で、
ニンジンやジャガイモに含まれる糖質量も当時は計算してカット。
糖質オフにこだわっていた当時はストイックにしてました。

もちろん極端なことをしたからでありますが、自分の身体で実験してますよー

健康的にダイエットもしたいと今考えて避けるべきモノは、精製した小麦粉(パン、パスタ、うどん等)と(毎度うるさい食卓塩)。
白米は限りなくグレーであります。(私的にな)ダイエット必要なくてもこの選択で良いのではないかと思います。

玄米は『種』。種がもつ毒素があるのですが、発芽するときにその毒素はなくなります。
なので、私は玄米ご飯信仰はない。

米を食べるなら発芽した玄米を!(市販の発芽玄米は食塩を使って発芽させているものが主です。ぜひ自分で発芽させて食べましょう)
自分で発芽させると、腐ったりととにかく面倒。ってことで、なでしこ生活という炊飯器でボタンひとつで発芽玄米作ってます❤このブログでは発芽酵素玄米を紹介してますが、普通の発芽玄米は玄米洗ってボタン一つで発芽から炊飯までできるのだ。べつになでしこさんの関係者でもないよ(笑)

漢方を勉強してから、まんべんなく食べることの重要性を改めて思います。

そもそもダイエットしたいって、病気じゃない限り身体にとっては余計なことですからな(笑)

余計な糖質を全て切るのではなく、穀類(選んだもの)を適度に適量食べ(量を無理なく減らせるお粥が良い)、意味分かんない菓子パンやデザート、小麦粉製品を取らなければ基本クリアでしょう。

ダイエット目的ではなくても、健康維持には過剰な糖質をカットしたいところ。
皆大好きな穀類に糖質はついてきますが、なんでもいいということでもなく、美味しく手軽で無理もなく、だからちょいと手間がかかっても自分の欲しい結果を求めよう。

大体漢方の考え方ってとても大きく、宇宙の流れに沿った生き方の一つに『食養生』があり…という世界。

漢方養生は中国最古の医書[黄帝内経]などから数千年前の記述に基づいたものを使っていて、たしかに現代よりも自然に近い生活の中、人体実験のようなことを繰り返してきた結果をまとめた貴重な文献なのです。
現代までの時間の間に食材も変化していているでしょうし、人間自体変化している部分もあると思いますが、
ヒトも自然の流れの中で動物の一種であり、どのように生活していけば流れに上手く乗れるかの方法を指南してくれている訳です。その中で[食]というパートが薬膳なのです。

養生的には勧めるべきものであっても、現代様々な分野からの研究結果では無効であったり過剰であったり。
折角現代の様々な研究から出されたエビデンスがあるのですから、私は盲目に漢方オンリーではなくどちらの情報も融合させて漢方養生の矛盾点や不足部分を補って取り入れる事を目指したい。

どのように現代の自分に必要な応用をしていくかという事が、楽しくもあり課題です。
養生をしていきたいことに加え、たとえば自然体よりも少しダイエットしたい。これは自然に反した矛盾ですよね。
でもこの矛盾て現代において皆思って求める事でしょう?この矛盾はとてもわかりやすい。

そういう矛盾を現代の流行りに流されないエビデンスに則り、埋める方法やミックスする方法を私は日々模索していきたいのだ。それをここで発信していきます^^

おし!ということで無理やりまとめ、本日も漢方ばんざい!