第017号:手作り柚子胡椒 レシピ

今回のMethod for your balancing
●手作り柚子胡椒●
───────────────────────────────────
9月も終わりに近くなり、まだ暑さが残りますがだいぶ涼しく過ごしやすくなりましたよね^^

さあ!今回のお題は『柚子胡椒』WSを受けてまいりました♪
青唐辛子と柚子のコラボでございます~❤

もちろん手作りするメリットは、私のこだわるところの”食卓塩”を使わず天然塩のみの柚子胡椒が出来ること。今回は無農薬の柚子を使ったので安心安全なものを食せるということですな。

まず、この季節だんだんと気温が下がり『気』の巡りの低下が心配です。
気が滞ると、気分は鬱々・『血』『水』の巡りも同時に滞ってしまうのだ
また、夏の間の体の熱も残っていますしね~

柑橘類で『気』を流しましょう♪香りも食べるのもGOOD!

手作りしながら柚子の香りで気がぐるぐる巡るー。ストレス解消に黙々とこの作業してみましょー

<<用意するもの>>
出来上がり量100gくらい
・青柚子…皮をおろしたもの50g 小さいミカン程度のもの10個くらい
・青唐辛子…種を取ってみじん切り50g
・天然塩…柚子と唐辛子合わせたものの15%

1・青唐辛子の頭とお尻を切り、真中を切って種とワタを出す
ゴム手袋必須!!!
刺激臭すごいぞーワタを取ってこのようにします。

2・フードプロセッサーでみじん切り
青唐辛子がスーパーに安く並ぶ時期に大量にゲットし、ここまでの作業を済ませてジップロックで冷凍してね。柚子が出始めたら仕込もう。
私の場合、沢山冷凍しておいて『醤油麹』を仕込むのにも使う。

3・柚子の皮をおろす
ポリスチレン製のおろし器は避けて、必ず金属のおろし器を使おう。柑橘類の成分のテルペンがポリスチレンを変質させます。

写真のように、柚子の表面の皮を白いところまでいくかいかないかって感じまでおろします。この作業もたいへん~1個からちょっとしかおろせない(泣)
計りながら50g分をすりおろす。
柚子の白いとこは苦いのだ。
ちなみに柚子の種を焼酎に漬けておくと、ぬるぬるが出てきて化粧水になります。
アルコールが強いので、手にすりこんだりしています。捨てるとこなし!

4・青唐辛子50g分と柚子皮を合わせまーす

5・青唐辛子50g+柚子皮50g=100gの15%分の天然塩を加えて混ぜる
つまり今回は15gの天然塩ですね。多少前後しても気にしない~

保存食なので、減塩を気にして塩の量を控えてしまうと傷んでしまったりするので…15%を守ってね。
ちなみに天然塩は減塩する必要はないと私は思っています。減らすべきものは食卓塩です。

6・柚子1個分弱くらいのしぼり汁を回しかけて、香り付け❤
ガラス容器に入れて味をなじませて出来上がり~♪
1週間くらいでなじむかな。冷蔵庫保存でね。

フレッシュな青唐辛子と青柚子の『柚子胡椒』

青唐辛子は時間をおくと赤くなります。
赤くなった唐辛子と、青柚子ではなく『黄柚子』を使ってもまた美味しい。

今年のお鍋もおでんは❤美味しくなりそう♪楽しみだなー。

毎年この季節には、田舎のおばさんから無農薬の『すだち』が大量に送られてくる。
皮をおろすのが地獄となりそうだけど(笑)
すだちで作ってみるつもり!

青唐辛子の準備だけ済ませて冷凍。すだち待ち。

通常売ってる青唐辛子と、万願寺唐辛子をミックスしてみる。
万願寺唐辛子のほうが刺激がマイルドな感じです。

どんなになるでしょうか~❤