スタジオの神棚

2021年2月22日
本日猫の日であります❤
『家之子 八幡神社』
生徒さんであり宮司でもある祐子ちゃんに、自宅の神棚とスタジオの神棚のお清めをお願いして参りました。
こちらの神社を36代守り続けている御家柄です。
伝書では後醍醐天皇の御姫様が鎌倉鶴岡八幡宮より勧請された神社とか。
祐子ちゃんはここを『お姫様にふさわしい神社にしたい』とこれからの計画を熱く聞かせてくれました。
そういえば最近読んだ本で、10代遡れば2024名。30代遡れば20億の先祖だと知り、個人的にタイムリーな話題。
その集大成が今のあなたですよ!!!すごーい。
私はまだまだ若輩者で、神の定義がわからずにいます。死んだ後にわかるのでしょうか。それでもわかんねーかもしれません。
どの宗教にも特に属してないですし、なんだかわからないけどとても良い気がするってだけで全て済まそうとしており申し訳ないです。

今回はスタジオの神棚を清め処分して頂き、今まで使用してた自宅の神棚をスタジオに使い、自宅の神棚を新調する。
そのお清めの儀をお願いしました。
毎度毎度色々とお世話になっている祐子ちゃんであります…❤
素人の私はその時に耳で聞くしかないのですが本当に毎度素晴らしい祝詞で私の願いを神様へ代弁してくれるのです。魔法のよう。
そもそも私にとっては単に神棚を設置する位のもので、スタジオの神棚なんて特にお世話もしていなかったし…
お世話できないなら撤去しようかと思ったところ、祐子ちゃんが『私は神棚があると思って時折頭を下げていました』と。
そっかー、私の自己満足オンリーとしか思ってなかった。誰も無視していたであろうと思い込んでいたし、、
でも一瞬でも頭を下げてくれている誰かがいたのかと。
そっかー、そんな気持ちになったことはなかったので、これからはきちんとしようと心改めた次第です。
数ヵ月後には元通りかも知れません…その時はどうか、せんせいやべんじゃね?と一言をお願いいたします。

ここに沢山人が集まり、皆が笑って帰ってくれたら良い。それぞれのその笑いが大きな光になると思う

祐子ちゃんの祝詞を聞いている間にそう思ったところ、丁度
『恵良恵良とみながわらい、すこやかな場所となるよう…』のような大和言葉での祝詞と重なり、ああ、きっとこの思いは届いたなと思いました。
『えらえら』の恵は私の恵美の恵です。<笑う>とは書かず<咲う>ということは聞いた事がありましたが、
なんという、私の名前は『わらう』ということに少しでも通じているものかと!
祐子ちゃんも話していましたが、言葉には力があると意味があると思います。
(そういう割にあのババア許さんなどと毎度悪態をつく先生はいかがなものか。そう思われたあなた正解)

なんだかわかんないけど、結局笑えて帰れたよ。今日良かったんじゃない??って、それで私のお役目も果たせたというもんです。

何百人も生徒さんを抱えるビジネスの先生じゃないですから、だったら私はここで自分が出会った人と一緒に笑う経験を沢山しようと思います。
祐子ちゃんも世界は違えどこのように、丁寧に丁寧に、ひとと関わっています。

家之子の静かな神社で、そこでしか感じられない空気を自分いっぱい堪能してきました。
私に関わる全ての生徒さんがそうですが、よくぞ私を見つけここに来てくれたと!
そのように一人ひとりと感動して超笑える関係であることが有り難い!

スタジオアンティヌールとは、『あなたは光』というアラビア語で名づけました。
一人ひとりが光になって沢山になったら、この地球にちょっとでも大きな光を作り貢献できるじゃないですか。

祐子ちゃんが神様にお伝えしてしてくれたとおり、みなが、わらい、すこやかに、
そのようにみんなが成る場所でありますように。

大人になってここに越してきた私は、当初この街に知っている人は誰もいなかった。
今はこんなにも色んな人と出会えたことに改めて感謝した今日です。

スタジオの神棚に…もう何年も入れっぱなしのお札でしたが。
島根の出雲大社、伊勢神宮との式年遷宮が重なる年の満月に
奥出雲の稲田姫神社で奉納演舞をさせていただいた事が忘れられずスタジオの神棚に入れたままでいました。
今回お出しして、これはわたしの記念としてさせていただき、神棚には新しい神社のお札を祀らせて頂こうかなと思います。

いたらぬ私でございますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
沢山、笑う!
のみでございます
(笑)(笑)

●恵巳のブログ~ショー報告~カテゴリーの記事