初心者向:ベリーダンス衣装のお直し方法①<準備&スカートウエスト編>

気になる衣装のお直し方法~☆

いつもは生徒さんに手取り足とりで教えていますが、要略をまとめてブログにアップします☆
その人それぞれに合うように、直接見なければわからないので、ここではあくまで要略です。とりあえず自分の寸法に合ったようには出来ますので、ご参考にしてくださいませ。

レッスンにお直し途中または出来上がった衣装を持って来てくださいね~。
リハがあったら必ず着用して来てください。仕上がったものをきちんと着れるように指導しますよ。

衣装の着用に関してはこだわりがあるので、辛口で行きますっ!

皆さん最初は『不器用なので』って言いますが、そんなこと言ってだらしなく着て笑われるのは自分ですから、不器用だろうがなんだろうが、大金はたいて誰かにお直し依頼出来なければ自分で直すことを覚えてくださいね。

ちなみに自分サイズにフルオーダーした衣装であっても、お直し必須です。

ほぼ裸の衣装着るのだから、意識高く持とう!
::::::::::::::::::::::::::::

<準備>用意する道具

糸のお勧めは『シルコート』です。このボタン付け用が丈夫で良い。
なにしろ玉結び等などで糸が絡まるのが少ない。ストレス少なく縫えるので、私は絶対シルコート(太)愛用。

100均一の道具は避けましょう
結局100円です。裁ちばさみとか言語道断。切れ味悪くてストレスしかない。こんなもんうっかり買って捨てるのも大変なんだから、安いので良いから手芸店でちゃんと買おう。糸と針も然り。不器用と言ってる人に限って、平気でこうゆうの使ってて驚く(笑)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

お直し【スカートウエスト】編

●エジプシャンのスカートに付けるゴムは届いたら必ず取り替えてね。エジプト製の衣装は特にもう伸び切ってるものや細いものだったりしていて、装飾がとても重いとスカート落ちますよ。
面倒でもはずして付け変えましょう。3センチ程度のしっかりしたものがお勧め。細くてしっかりしたものは、腰肉が段になってしまって、、むむむ。。です。>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

クリックすると大きくなります。
今回の衣装はオーダーではなく既製品を購入したので、ほぼ全てお直しです。

今回はファスナーを使えるようにお直しします。ゴムを一周して、スポンってはければファスナー潰しちゃってOK。

 

◆まずゴムの端を2センチくらい折ってファスナー脇に縫いとめよう。後でゴムの取り換えできるように、次過程のベルトループへ連続させて縫わないでね。

◆ベルトループを作ります。
糸は2本どりで、ゴムを縫いこまないように、クロスしながら一周します。ゴムを挟みながらうーえ、しーたって縫っていけばOK。スカート表布に出る縫い目が最小限になるように。
◆一周したところ。
このくらいになったら、一回はいてみよう。

少しずつゴムをたぐって縮めていって、腰回りにフィットする長さまで確認。
(ちょっときつめにね)
エジプシャンで装飾重いもの、スカート落ちて来なそうですか?色々動いてみて。

ダイジョウブなら5センチほど余裕もってゴムをカット。

最初と同じように折って端を縫いとめます。ベルトループも最後までね。
◆今回ファスナーを生かしたので、フックを付けておこう。
次回【スカート丈編】です(^-^)

 

●恵巳のブログ~ショー報告~カテゴリーの記事