茂原:フィリピンダイニング マブハイ

茂原駅からすぐのフィリピンダイニング:マブハイ
お客様のお誕生日パーティにベリーダンスをという事でお声をかけていただきました♥
とっても可愛らしい店内♪

美味しそうなメニューを横目に…
そういえば高校生の時にフィリピンのお友達が作ってくれた料理をごちそうになった。
でももうどんなだったか忘れちゃったな、
今回のマブハイのスタッフさんみたく、可愛くてスタイル抜群でノリが良かった(^^)

因みにその私のお友達、ビザがない上に一人で出産せねばならなく、アパートの隣人に悟られぬよう、口にタオルを巻いて出産したという斬新な過去を持つ。
『今だ!』ってなんとなくわかった。とのこと。
すげー 隣で産まれちゃってるって、あんたお隣さんもびっくりだっつの。
もう20年以上前のオハナシだ。

可愛いね♥
アツアゲ トゥフ ¥600
マブハイのスタッフさん達との会話で、ちょっとだけ懐かしく彼女を思い出しました♥うふ

しっかしみんなノリノリのスタッフさん達で、わたしたちまけそう~~(笑)

今回は清美さんと2人でした、そう!!
私、生徒さんを持って初めての『2人でのステージ』です(^O^)
2人って、ダンサーのお友達と一緒という時しかなかったのだー
 オファーを受けるときはまず自分一人でも行ける所であるか、方法があるか大丈夫か確認してから受けます。車運転できないので死活問題!自分一人で行けるとこしか基本的にお受けしません。
それからステージの全体像を考えて生徒さんを入れるかどうか考える。

やむなく無料で依頼されるイベントとは全く別に、
お仕事としてきちんと私を評価して扱って頂くわけですから、こちらの対応も同様で何もかも違う事は当然です。
他ではなく私にお仕事として依頼してくれているわけですから精一杯のステージになるよう、したい演出にぴったりくるダンサーがいなければ無論一人で赴きます。
当然誰にでもお願いする訳ではありません。
生徒さんにとっては踊る場所があってこその普段のレッスン、私には良い場所を生徒さんに提供したい想いが常にある。

私ひとりで受けるより、もしも依頼されたその場所を誰かと共有できたら私にとっても良い。
きちんと私を評価してくれた方からの場所であるのだから生徒さんにとっても素晴らしいに間違いない。

そういうお付き合いがもっともっと広がったら素晴らしいな~♥
でも、いつだって蓋を開けなければわからないんですよ!ステージって!困ったことに。

今回は貸切スペースがめちゃくちゃ狭く、わーお!って感じでしたが、なんとかカメリアもこなし、ベールも工夫し、お客様もディスコタイムで楽しんで貰えたように自負しています^^
乙女を演目に入れました。狭いながらも二人で円陣を組んでの振付。
交互の演目のなか、ダンサーがこうして和気あいあいで笑顔がとてもいいアクセントになったと思う~(^O^)
以前一人で受けた成田のバーでのパーティでも乙女をファンベールで踊ったのですが、360度お客様がいるステージを上手く使えて良い選曲でした♪

これはふるーい振付なんですけどね、ステージを観るお客様は古いとか新しいとか知らないわけです。
各自どこに視点を置くかですが、
生徒の皆さんも各イベント等で実際披露するのは結局新曲じゃないですよね、
だから古い曲こそ振付頭に入ってるのだもの、それを次のステップでは自分の踊りに変えるように踊り込んでほしいのです!
今回ダンスをお願いした清美さんは、私も頭が下がる位、どんなステージも真摯に向き合う、全力投球で臨んでくれる。
年季入ってるから当たり前の対応と胡坐をかかず、私が設定したもの超えてむかって来てくれる。
昼間だろーが屋外だろーが、『人前に立つ』時は全部勉強したる!って意気込みがバシバシ伝わってくるのです。

私は正直今まで散々、屋外の昼間のイベントだろーが、師事する先生のお仕事のバックダンスだろーが、こちらが参加費を払って出演してやはり踊る場に苦労してきたわけです。
かなりの数をこなしてきています。
なので、もうそろそろ踊る場所を選びたく生徒さんに任せ引退もしたい場所もあると若干思ったりもするのですが、、
こうやってガツンと体当たりだと、こっちもがんばるよーってなりますわ(笑)
先日のみのりの郷も、清美さんや結美さんのおかげで(勇子さんのトライのメイクも、評価してます!)全体的にとっても底上げされて、素晴らしかったです。
そして節子さんの山ちゃんが撮ってくれた画像見て”嫌だけど現実直視して先生に言われたこと自分を少しずつ直す!”のも言葉にも胸打たれました。だから節子さんは神なのよ~~(笑)!いや、ほんとに!

そう!こうして各自の何かの為になっていることが確認出来ると、意味を持てて次へと繋がるの。心を込めてありがとう。
私たちが帰ったあとゲームのプログラムがあったよう。
景品を当てたのであろうスタッフさんからわざわざ電話を貰い、随分走っちゃった車の私達に『お店もどってきて~』って。
そして私達に一万円ずつ入った『景品』を渡してくれた。
彼女たちが頂くものなのにワザワザ私達に!私が申し出ていたギャランティーは既に頂いています。思いがけないチップを頂いて感激でした。もう帰っちゃった私達を呼んで渡してくれるなんて。
こうして温かい気持ちになれるのは、二重三重に有り難い。
ショーの構成も、ODやハフラ等で私と超~~超~~~準備して仕上げて仕上げてきたものは、全くベリー知らないお客さんの感想から思いがけずものすごい良い感想をやはり聞けるのですよ。 やった!!!ってばんざいの瞬間。 一番のご褒美です(^O^)
清美さん~いつもありがとう(^o^)夢に向かっていこう。

次は3日の蓬莱閣のディナーショーだ~!沢山の人達の期待を背負っている。
200%で応える!

●恵巳のブログ~ショー報告~カテゴリーの記事