出雲 奉納演舞

島根県奥出雲にある稲田姫神社で奉納演舞をさせて頂いてきました。

何と偶然にもこの日、<式年遷宮>と<神在月>と<満月>が重なるという素晴らしい日だったんです。
神在月とは出雲での10月のこと。
わたしたちその他の地方では10月は神無月と言いますよね。日本中の神様が出雲へ集まりいなくなってしまう月だからです。
この素晴らしい夕日は出雲に沈む夕日!
なんという縁でしょう!!!
一般的な神話で言うと、スサノオと稲田姫の子供がオオクニヌシ(出雲大社の主宰神)となります。
もちろんモチロン、踊る前には朝いちばんに出雲大社へ参拝です。
式年遷宮の年だけあり、混んでましたがご挨拶をすませ本日1番目のステージへ向かいます。折角だからと、今回尽力して頂いたエツヨシさん(私のブログに度々登場のおじちゃんです)がいくつかステージを用意してくれています。
一日4ステージよぉ~!頑張ります!
まずは『島根ワイナリー』出雲大社からすぐのとっても大きなワイナリー!その収穫祭です。ベリーはうってつけですよね。
ここで2ステージを踊りました♪皆さんにこにこで、はじめて観るベリーダンスを受け入れてくれました♥
沢山のお気遣いを頂き、朝から2ステージこなした疲労も癒されました。 感謝!

その後場所を移動し…念願の稲田姫神社へ。
思っていたよりももっともっと趣きがあって、ひっそりと格式を感じる神社でした。周辺にはイナダヒメに関連した名所がたくさん…
ひっそりと、神々の歴史に触れる場所が沢山あってドキドキしました。実は稲田姫神社で踊らせていただくことは聞いていましたが、どこで踊るかは当日までざっくりとしかわからなかったんです。
お隣にお蕎麦屋さんがあるのですが、そこで踊らせて頂くだけでも有難いことです!ご縁を頂いた神様の近くで踊れるのですから!

神社に着き、まず参拝。『近くで踊らせていただくこと、もし許されるのであれば精一杯つくします。叶わなければそれもお答えと思うので、お蕎麦頂いて帰ります』と伝えました。

支度を済ませ伺ったら、なんと、境内にあがらせていただけたんです!!
これはすごいことだと思うのです。だって、境内だよ!関係者の中でもまだ上がったことないと、いう場所なのよ!

関係者の数人の方が静かに見守って下さり、神鏡を前に踊らせて頂きました。

今までのイベント的なものと全く違う、まさに神様に向かい踊りをさせて頂けたのです。普段でも一対一のショーってないですから、本当にある意味ショッキング(笑)
だって、神様とサシだよー(笑)
普段も、私は観てくれる人の中にそれぞれの神がいると思っています。なので、同じ気持ちでショーをしていますが、
やはり今回はそんな単純には行きませんでした!
ずばり神鏡の前で踊ったのです。私と神様しか、いません。
あなたは今まで何をして、何を考え、何を創ってここへ来ましたかと、踊りの最中は判断されながらの気持ちでした。

ここまでの報告がやっと出来たというのが本音で、奉納演舞なんてとても図々しくて言えなく…未だ人生に二度あるかないかの事に、心の整理がつかないままです。
わあ♥素敵でした♪と、そんな平和なキモチではとてもいれません。しばらく自暴自棄に陥り、頂いたお札も出して祀ることもできなく、バッグにいれたまま過ごしました(笑)
とにかく、至らない自分の全ての面に向かわされた旅でありました。もっともっと、精進しなくては。精進して自分の納得の答えをいつか、出したいです。出せるでしょうか。

因みに私は完全に無宗教ですが、やはり神社で踊らせて頂くご縁があることは、全てのダンサーにあるわけではないと思うのです。
興味があるないに限らず、必要でなければこのような縁もないと思います。

踊るという以外に、そこにたどり着くまでにとっても沢山の人との縁も必要なんです。
実は色々な審査をパスして、神鏡の前に立たせて頂いたのですよね。

今回こんなお話を頂いたとき、スタジオの生徒さんの友ちゃんにこんな遠くに『観に行きます』と言って貰えて…っていうか、見にくるなら一緒に踊ろうよということになったのです。
だって、出雲だよ!行きたいですとか、予定が合えば行きたいとか、なしよね(笑)本気かどうかは伝わるので、そんな可愛い事を言ってくれる生徒さんをほっとくわけはないでしょう~♥
一緒に踊ってきました。

ともちゃんとは伊勢神宮へ何度か旅行行っていますが、今回は先方から呼ばれた旅!それが伊勢の20年に一度ではなく60年一度の出雲大社ってとこがすごい^^

締めて今回は神様から呼んでいただいた旅だと思ってます。そして稲田姫神社のあとは、玉峰山荘。大きな旅館です。ここで本日4本目のショーを済ませ、へとへと。

でもなんと、ショーのあとお客さまからプレゼントが。

宿泊する前からベリーダンスのショーがあると聞いていたそうで、楽しみにしていてこんなご挨拶を頂いたんです!
お客様なのに!!!わざわざ用意してくれたなんて、感激しました!ありえますか!!!
御礼だなんて!(泣)

いちいち、こういうことが答えな気持ちがします。

仕事柄色々なイベントに呼ばれますが、下手すれば『エミさんも楽しんでくれれば』なんてありえない言葉で全て済まそうという、思いやりのひとつも感じられないイベントに呼ばれる事も多々です。色んな意味で大きく傷つくことも、まだ沢山あり、その線引きが上手くできない自分に嫌気がさしていた時でもありました。

今回はエツヨシさんに会うためが一番ですが、温かい気持ちに囲まれ、私の芸に対してもきちんと対応してくれた旅であり、そういうことに関して少し答えが頂けたような気もしています。少しずつ自分の環境を上手に選択していけたらと、思います。そんなエツヨシさんて誰?っていうと…
元は数年前に母親の食事療法の際に必要だった無農薬の玄米を入手するために知り合ったおじちゃんです。

エツヨシさんはすごい!杉田かおるさんに自然農法を教えているし、サッカーの中田選手も訪れています。
ここまでくるには本当の苦労が沢山あったんですよね。『農薬使わないなんて、うちに虫がくるじゃないか』『変わり者』と、今でも怒鳴り込んでくる人がいるんだそう。それくらい山の奥の田んぼなんです。でも、環境に良いものが人間に悪い訳はないと、その信念を曲げずにいます。
有機農法と自然農法の違いも、恥ずかしながら初めて今回知りました。全く違うものです。人の顔を覚えて共生するニホンミツバチの減少の理由も有機農法のデメリットであります。有機なんて言ったら、きっと良いのかなって思いますね(笑)(よくある西洋ミツバチとは全く異種です。西洋ミツバチは人を覚えず刺すとのこと)
種から遺伝子操作され、その種はある種の農薬を使わないと育たないという組み込みをされています。つまりセットなんです。セット販売でウハウハな誰かが、いる(笑)
そこから次世代への種はなく(一世代限りで次の種は取れない品種になっている)人間でいう『無精子』の野菜や米を食べているのが、現実です。
エツヨシさんの田んぼは山の一番上。だからこそ『うちで少しでも洗剤すら流したら、下流の田んぼは影響する』といって、余計なものは流さない。
本来ワサビは生えない地域なのに、エツヨシさんの田んぼにはワサビが自生しまくってるんです。
全ては正直に、自分の信念を曲げずこの歳まできていることが結果です。
私にとっては、こんなひとが私の周りにいることが財産です。大きな自慢なんです!
68歳のお誕生日、今年は一緒にお祝い出来ました^^これは<イセヒカリ>というお米。
このお米、なんと伊勢神宮神社庁からしかいただけない種。それを自然農法で実らせ初収穫なんだそう。このお米は伊勢神宮へ献上します。
エツヨシさんと農業をしている白山さんと。
なんと白山さんとは浦安&葛西繋がり(笑)世の中狭い!

イセヒカリ、伊勢神宮のお米を出雲で収穫し伊勢神宮へ献上するという。これは歴史的にもごい事なんだそうで、出雲大社の宮司さん達も喜んでいるそうです。
だって日本の神話から、出雲のスサノオと伊勢の天照大御神とのいざこざから断絶が続き…今年は60年に一度の式年遷宮と20年に一度の式年遷宮。
それが重なった年に、伊勢から出雲。出雲から伊勢にこのイセヒカリを通して行き来が叶ったんだよ!
しかもこのイセヒカリ。米にももち米にも酒にも出来るというお米な上に、生産者により味が変わるという…面白いお米なんですって。
エツヨシさんの田んぼバージョンのイセヒカリ。今後が楽しみです。

これはわんちゃん!(わんちゃんって名前なのだ(笑))わんちゃん超超かわいい~~♥その後夢に出てきたくらい、かわいい♥♥
エツヨシさんに顔似てる~あと、自分が来たい時しか呼んでこないとことか、毎日毎日わかってるであろう田んぼ周辺を、まるで初めて来たみたいにいちいち好奇心旺盛なところも!
写真は稲田姫神社近くの”ゆかり庵”のみなさん。お蕎麦、美味しかった!蕎麦湯なんて最高!皆さんにこにこで、私たちもにっこにこ。だよねー!

●恵巳のブログ~ショー報告~カテゴリーの記事